「人生に愛される私になる!」をテーマに、「幸せな人生」を歩みたいと望んでいる「あなた」のリボーンをお手伝いします。
VENUS CREATE
  会社案内 お問い合せ よくあるご質問
Tel 03-5326-3487 Fax 03-5326-3001
HOME プロフィール ヴィーナス・クリエイトとは ワークショップ お申し込み お客様の声 最新情報 ダイアリー
 
 

【参考】美しい日本人

mixiの日記を転載しました

mixiをやってないので、前の日記で紹介した割烹着の奥様の話が見られないとご連絡をいただきましたので、日記を転載しますね。いつもの男性心理とは違いますが、とても示唆に富んだお話なので、是非、ご覧になってみてください。

一つ前の「男性は、美人が大好き!!」を読んでからだと、より分かりやすいと思います。

---------------------------------------------

ある日、夫婦で出かけてた時なんですけど、ご年配の夫婦が優先席に座っていました。
優先席に自ら座るくらいのご夫婦なので、年齢もかなりのご高齢。

電車が数駅ほど停車した後、とある駅で、ご高齢で足の不自由な男性が乗車されたんです。

その時、優先席が見える席に座っていた僕たち夫婦も素早く立って、席を譲ろうとしたんですが、我々よりも素早い動作で、その足の不自由な方に席を譲ったのが、その優先席に座っていたご夫婦のうちのご主人。

僕たちが、「こちらで譲りますから」と言っても、「優先席はこちらだからこっちでいい」と言いきって有無を言わさずに席を譲ってしまいました。

ここまででもスゴイと思ったんですが、このご夫婦が自分達の降りる駅に着いた時、奥さんの荷物を、本当にさりげなく持ってあげたんです。

亭主関白な男性が多い世代ですが、本当に気遣いというか弱い人に対する思いやりのあるご主人。

心から感心しながら、電車を降りるのを見送っていると.........

なんと、割烹着姿の奥様は、ご自分が降りるときに、車内に落ちていたゴミを自分のティッシュを広げて拾い上げて降りていきました。

これぞ、美しい日本人でしょ!!!!

あまりに感動して、あの時のシーンはいつまでも忘れられません。

こんな筋の通った、所作の美しい日本人でいたいですね。


電車内の出来事で、もう一つ忘れられないのが、とあるマラソン大会へ向かう電車の中、朝からランナーでいっぱいの満員電車で、右へ左へ揺られている高齢のご夫婦を、優先席の前で見たときのこと。

一緒の奥さんをかばいながら、大男達の間で揺れ続けている男性が、「日曜日なのにこんなに混んでいて大変だ....」と言っていました。

大会前、自己新や完走を目標としていたりすると、やっと確保した席を譲るのはイヤでしょうけど、席に座っている人は42.195キロも完走できる体力を持ったアスリート達。

電車の中で、ふと聞えてきたご主人の言葉を聞いて、なんだか釈然としない気持ち。


そうそう、美しい日本人といえば、先日、朝の勉強会でお世話になった坂上仁志さんのサイトに、「エルトゥールル号の遭難」という素晴らしい記事も見つけたので、ちょいと長い記事ですけど、是非、読んでみて下さいね。

「エルトゥールル号の遭難」

昔の日本人は素晴らしかったね。


いまの日本人はどうでしょう?


ちなみに、我が家では、我が家で決めたルールがあります。
「優先席、空いていても座らない」


男性は、美人が大好き!!

女性の皆さんはイケメンが大好きですよね?(笑

僕たち男性も美人が大好きです!(笑


2行で“結論”に至ったので、今日の日記はここまで!


――と、いうわけではないです(^^)



実は、男性が本当に大好きなのは「心美人」の方です。

本当は女性の皆さんだってそうですよね?

どんなイケメンやお金持ちでもDVだったり、優しく無い人って魅力的じゃないでしょ?


「え〜、それって気配りができる女性ってことですよね? 知ってますよぉ〜!」
という女性は多いですが、ちょっと待って下さい。

男性が本当に気になる「心美人」の女性って、デートの時にサラダを取り分けてくれたり、ビールをついでくれたりするというレベルではないです。

確かに、気になる女性から自分だけに向けられた気遣いというのは、本当に嬉しいんですけど、男性がその女性の事を「心美人だな〜」と思うのは、自分以外の第三者へ向けられた気遣いをする行為を見たときです。

例えば、デートの時に何気なくお年寄りに席を譲ったり、小さなゴミを拾ってゴミ箱に捨てたりということ。

これは日頃からやっていないと身につかないことですが、こんなさりげない優しさに裏付けされた心美人さんだったら、どんな男性だってアプローチせずにはいられないはずです。

単純にモテたいだけだったら、自分磨きをすればいいです。

エステに行って、最新の美容とファッションに身を包んで、ちょっとだけ短いスカートを履いて思わせぶりな態度でいれば、男は食らいついてきますので(笑

でも、やはり長く良好なパートナーシップを築くためには、同じ自分磨きでもメンタルの部分や、ご自身の行動を見直す「心の自分磨き」が必要なんですね。

そんな「心の自分磨き」に最適なのは、セルフエスティーム(自己肯定感)をマスターすること。他人に愛を与える前に、まずはご自身を愛して、そして“信じて”あげてください。

まずは全ての土台となるそこから始めないと、身につかないことは確かです。

素晴らしい女性の例をmixiの日記に「美しい日本人」というタイトルで書いてありますので、もしご興味があれば是非読んでみてくださいね。割烹着の奥様のことです.....

このmixiの日記は全体公開していますので、どなたでもご覧いただけます。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1277421850&owner_id=40346



【今日の一言】
美人を目指すよりも先に、「心美人」を目指そう!


美しい女にはやがて飽きがくる。
善良な女には決して飽きはこない。
by モンテーニュ


図に乗らせるくらいで、丁度いいかも(^^)

男性は女性が考えている以上にプライドが高い生き物です。

学歴が高くなればなるほど、役職が高くなればなるほど、それは自分(彼自身)がやってきたことの努力の成果ですので、プライドは高くなる傾向にあるわけです。

もし、今の旦那さんや彼氏を怒らせたかったら、あなたの友人の旦那さんや彼氏の収入や態度を褒めまくってみてください。

とたんに、機嫌が悪くなるはずです(笑

特に収入に関しては比較されるのを嫌うタイプの男性が多いですから、別れたかったらぜひ!(笑

冗談はさておき、プライドの高い男性を「男って単純でバカみたい!」と一刀両断にする女性がいますが、我々男性は、そういう傾向をもつ生き物だっていうことを認めてしまったほうが、男性との関係は上手く構築できることだけは確かです。

僕が恋愛塾のダイジェストやワンディコースでお伝えしている「男性との関係を強化する魔法の言葉」ですが、あれらはテクニックではないということはご理解くださいね。

http://www.venus-create.jp/workshop/basic.html

基本は、女性側からの大人としての気遣いがとっても重要だということです。

魔法の言葉を使うと男性は嬉しくなってしまい、必要以上に図に乗ってしまったり、あなたが特別な感情を持っていない男性から勘違いされてしまうこともあると思います。

ただ、最初のうちは図に乗らせるくらいで、丁度いいということは覚えておいてくださいね。

ずっと、図の乗らせているとシンドイと思いますので、徐々に自分のやってほしいことやその他の要求を聞いてもらうための方法を覚えていけばいいだけです(^^;)

我が家ですか??

家内は「ここぞ!」というところで、とっても上手に図に乗らせてくれます(笑


【今日の一言】
男性はプライドをベースに生きる生き物


まだ仲良しになる前に、極端に長いメールはやめよう(^^)

知り合ってまだ間もないけど、どうしても気になってしまうカレがいたとしても、この時点で長いメールを出すのは自粛しておいたほうがいいですね。

30代以降の男性は、仕事も20代のころとは違ってかなり忙しくなってきています。

セミナーでもお伝えしているように、男性は女性と比べて一つのことに集中すると、どうしても他のことがおろそかになってしまうシングルタスクな生き物です。
ですから、特に毎日PCで沢山のメールを処理しているようなカレに、意味のない長いメールは辛いわけです。

相手が、あなたに好意を持ってくれる段階になってからだったら、長いメールも読んでくれるかもしれませんが、まだ相手の気持ちがはっきりしない時には長いメールはやめておく。これは基本にしておくといいでしょう。

あっ、そうそう、仲良くなっても「○○○○な長いメール」はやめた方がいいんですが......

「○○○○」は考えてみてくださいね♪

男性は仲良くなっても、この手のメールを頻繁に出す女性は一発で嫌いになります(^_^;)

仲良くなってきた頃が一番危ないんですが、気がつかない間に「○○○○な長いメール」送っている女性、意外に多いのもこれまた事実。

気をつけましょうね〜(^^)

【今日の一言】
メールの返事、仲良くないと「返事が面倒」と感じる男子層がいる。


今日から男性が考えることなどを書いていきます(*^_^*)

耳をふさがない

これから僕が日記に書いていくことは、もしかしたら既にご存知のことが多いかもしれませんが、大事なことは「そんなこと知ってるよ〜!」と耳をふさがないことです。

どんなことでも、耳をふさいだ瞬間から情報が入らなくなってしまいますので、知っているようなことでも、「本当はどういうことなんだろう?」という感じで、一度は素直に心の中に落とし込んでみてくださいね(^^)


 1 2 3 4 5  

 
PAGE TOP
(c)VINUS CREATE ALL RIGHTS RESERVED. リンクプライバシーポリシーサイトのご利用についてサイトマップ