「人生に愛される私になる!」をテーマに、「幸せな人生」を歩みたいと望んでいる「あなた」のリボーンをお手伝いします。
VENUS CREATE
  会社案内 お問い合せ よくあるご質問
Tel 03-5326-3487 Fax 03-5326-3001
HOME プロフィール ヴィーナス・クリエイトとは ワークショップ お申し込み お客様の声 最新情報 ダイアリー
 
 

趣味を持たない男はツマラナイ。趣味に没頭する男は......

女性の皆さんからみて、自分の趣味を持っている男性って魅力的じゃないですか?

確かに趣味にもよりますけど、大好きな彼が無趣味っていうよりは、仕事以外に打ち込んでいる趣味があった方が魅力的なんじゃないかと思います。


ちょっと、想像してみてください。


休日はサーフィンに出かけ、一年中日に焼けている男らしく爽やかな彼や、
美術館巡りが大好きで、絵画や美術に造詣が深く、なんでも教えてくれる知的な彼。


一方、晴天でも部屋の中でビールを片手に、テレビの前でゴロゴロしている彼。
もしくは、明治や昭和初期のころのイメージの公務員のように実直すぎる彼。


どうですか?

貴女はどちらの男性が理想でしょうか?


人それぞれなんでしょうけど、趣味をもっている男性の方が魅力的に映ったんじゃないかと思います。


ところが......ですよ。


その趣味が、あるレベルを超えていくと、貴女との関係に大きな壁となって立ちはだかってくることがあるんです!!!

「えーーーーー(T_T)」

「趣味を持ってる人の方がカッコイイじゃん! なんでぇー?(^_^;)」


――という声が聞こえてきそうですが、過去にお付き合いした男性が自分の趣味にドップリと没頭して、自分(あなた)のことを全く顧みなくなった経験がある女性、結構、いるんじゃないでしょうか?


彼と同じ趣味を持っている場合は「彼の趣味の世界」を理解することができるので、休日の度に、彼が友達とどこかに出かけていくのも許せるんです。
趣味が同じだと、彼と一緒に出かけられたりもしますしね(^^)


問題は、彼の趣味が自分の趣味と真逆な場合や、彼の趣味が全く理解できない場合。

彼の趣味が理解できない場合、言ってしまいがちなのが、


「そんなのに、お金と時間使っちゃって!」

「毎週、毎週、バカみたい」

....です(^_^;)


ちょっと気の短い彼だったら、間違いなくキレます(笑

ちょっと気の弱い彼だったら、沈黙します(笑


気をつけましょう。


もう一つ、気をつけなくてはいけないのが、彼が趣味に没頭するあまり、優先順位が狂ってくること。

この順位が狂ってしまって関係が崩壊したカップルや家庭を幾つも見てきました。

車に凝ってしまったご主人、全てのお金と時間を車のチューンアップに使い、優先順位が、車(自分)>家庭 になって崩壊。

サーフィンがプロ級の彼氏、頭の中がサーフィンで一杯になり、日常生活のことで相談すると「そんなのお前が考えろ!」とキレてしまい、関係が崩壊。

そういえば、子育てを全く協力しなくなった旦那もいたな........


その他にも沢山の例を知っています。


「あれれ、最近、彼が自分よりも趣味を重視しだしたな...」と思ったら、そのサインを見逃してはいけません。

その時に、きちんと自分の気持ちを伝えておかないと、彼の趣味への情熱が止まらなくなってしまって、どうしようもなくなることもあります。

そんな時は、恋愛塾ダイジェストでお伝えしている「魔法の言葉」を使って、彼に自分の気持ちを伝えましょうね。

まともに自分の要求を伝えると、彼の地雷を踏むだけですので、必ず「魔法の言葉」を応用して伝えて下さいね。


【今日の一言】
趣味を持たない男はツマラナイ。趣味に没頭する男はメンドクサイ(>_<)

1日3分、Happy Wedding を手に入れるためのヒントが満載の“無料メールレッスン”です。
是非、毎日、楽しく試してみて下さいね。

















大切なのは過去の失敗ではなくて、将来のあなた(^^)

2日前に書いた、「あなた自身の魅力が伝わらない第一の理由」の中でちょっと触れましたが、人間は、男性女性を問わず、過去の失敗にがんじがらめになって生きている人が本当に多いと思います。

――というか、どんな有名なセラピストやカウンセラーだって、過去の失敗や痛みが脳裏をよぎることはあるんです。

だって、人間って記憶する生き物ですから(^^)

さてさて、では、その失敗や痛みが悪いことなのかどうかということを、今日は考えてみましょう。

僕は「失敗や痛みを持ってた方がいいんだ!!!」と確信したのが、とあるテレビ番組で、とび職の人が「高いところで作業する時に、恐怖や過去の失敗を忘れたら、大きな失敗になって死ぬ!」ってコメントしていたのを聞いた時でした。


ねぇ、これ、凄いと思いません??


もし、過去に仕事や恋愛で失敗した経験がなければ、あなたも僕も将来、死に直結するような大事故に遭遇するかもしれないってことなんです。

それを防いでくれているのが、過去の失敗だったんです!(@_@)

「うわぁーー、過去に失敗したことって、将来の自分のために存在するんだ!」

って思った時、目の前にあった厚い雲が、サァーーと消えていった感じがしました。


皆さんの、そして僕自身の「今」感じている心の痛みは、我々の将来の命綱だったんです。

すげーーー!(^O^)




「あれ、ようちゃん、言いたいことは分かったけど、男性心理に関係ないじゃん」と思ったでしょ?

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


ここからが本題でーす♪


女性の皆さんに、是非、お願いしたのが、


新しい恋をするとき、過去の恋愛の失敗に引きずられないで欲しいんです。


デートの時、女性がふとした瞬間に、過去の失敗が頭をよぎり不安な表情になったり、ふと自信なさげな表情をされると、今度は男性側が不安になることがあるんです。


過去の失恋で痛みを感じること、これはとっても大事なこと。

無理に忘れる必要もないと思います。

だって、過去の痛みは「あなたの将来の恋愛のための命綱」なんですから。

ただ、心優しい女性の皆さんを見ていると、過去の失恋が命綱ではなく、あなたのか弱いハートや首を絞めつけているロープに見えることがあるんです。

ロープはあなたの首を絞めることもあるし、命綱にもなります。

大切なのは過去の失敗ではなく、将来のあなた自身の幸せだと思います。



みんなで一緒に「将来の幸せ」にフォーカスして生きましょう(^O^)/


【今日の一言】
「今」感じている心の痛みは、あなたの私の今と将来の命綱です(^^)


貴女の「I Love me」を高める講座はこちら♪
http://www.venus-create.jp/workshop/renzoku.html

より深く男性心理を学べる「恋愛塾ダイジェスト」と「ワンディコース」はこちら♪
http://www.venus-create.jp/workshop/basic.html



以前、付き合っていた彼女と結婚しなかった理由とは?

最近、買った本の中で、独身男性へのアンケートをとったものがありました。

その中で見つけたのが、今日の日記のタイトルの質問の、

「以前付き合っていた彼女と結婚しなかった理由は?」です。


アンケートの結果で、ダントツの1位だったのが「性格」(^_^;)


仮に女性誌で同じようなアンケートをとったら、やっぱり「性格」が結婚しなかった理由の1位(もしくは上位)にくるんだと思いますが、この本のアンケートを、単純に「やっぱり、男は性格のいい女が好きなのね....」といった単純な結論で終わらせないで下さいね。



「性格」が合わないって、一体どういうこと?


これを考えていけばいいんだと思います。


僕は、「性格が合わない」=「我慢できないほどの、価値観の相違」と捉えています。


「じゃあ、価値観の相違って何よ?」という話ですが、ホテルのリッツカールトンの面接にヒントがあります。


 ↑おおっ!、今日はなんだか大げさになってきたな(笑


彼らは、自社のクレドを守るための人材を募集する際、一つの質問をするそうです。

1.優先席に係わらず、空いていたら座る。
2.優先席には絶対に座らない。
3.優先席にいた人が立ったら座る。


彼らは、自分たちの社風を守るために採用するのは「優先席には絶対に座らない」人を採用するんだそうです。

話が大きくなっちゃって、逆に分かりにくくなっちゃったかもしれませんんが、会社でも個人でも、自分の価値観と大きく違う価値観の人とお付き合いしても、結局は上手く関係を維持することが難しいということです。<これ大事(^^)

ちっちゃいことで言うと、「食べ物を粗末にする人だけは許せない」とか「運転する時に乱暴な人や、自分勝手な人はイヤ!」とかねw


知り合いの女性で、できちゃった結婚を狙った女性がいます。

「ようちゃん、私ね、早く結婚したいし、最近知り合った○○君はそこそこ収入もいいから、できちゃった結婚を狙ってるんだ♪」

――というメールを貰ったことがあります。

彼女の作戦通りに、彼女は結婚まで辿り着きましたが、僕には、お互いの価値観をちゃんと理解せずにゴールインしたように、見えました。さて、これからの数十年という年月を彼女は幸せに生活できるでしょうか?

数十年の中で、価値観というベクトルを揃えていくのも可能ですが、できることならば、結婚前にお互いの価値観のベクトルを揃えておきたいですね。



(参考)クレドに関しては
http://corporate.ritzcarlton.com/ja/About/GoldStandards.htm

【今日の一言】
サンマはサンマと一緒に暮らし、クジラはクジラと一緒に暮らす。
それが、幸せの原点かも。


あなたが、最高に素敵なサンマ(笑)やクジラ(笑)になるため魔法のセミナーはこちらContent-Disposition: form-data; name="image_hidden1"



あなたの自身の魅力が伝わらない第一の理由

もし皆さんの恋愛が、いまひとつ上手くいかないと悩んでいらっしゃるなら、あるいは、いまひとつ長続きしないと感じているのなら、


その最も大きな原因は......


貴女ご自身のセルフイメージにあります。


家内のセミナーや飲み会等を通じて、大勢の女性にお会い機会がありますが、時々心の中で思っているのが、

「この人は自分の魅力に気がついていないな....勿体な〜〜い!!」

「この子は、自分も魅力の表現の仕方を間違っているかも(^_^;)」

ということです。

女性に限らず、人間誰しも失敗が続くと「自分はダメなんじゃないか?」と不安になってしまうものです。

仕事でもなんでもそうですが、特に恋愛となると、自分のパーソナルスペースのもっともコアな部分に関係してしまうので、特に自信を失ってしまう人が多いような気がします。

でもね、僕は思うんですよ.....。

リンゴにはリンゴの魅力があり、ブドウにはブドウの魅力があるんだと。

あの、臭ーい(笑)ドリアンだって、コアなファンがいて、世界一美味しいといわれたりするわけです。

僕は、あの匂いに耐えられないですけどwwww

さてさて、皆さんは自分の魅力のことを語れますでしょうか?



僕も、失恋の連続の時は、自分の魅力を語れなかった時期があります。

だって、自分が告白した女性が、次の日に自分の友人と付き合いを始めた時の衝撃といったら(号泣)、自分の魅力どころではなかったです(-.-)


皆さんだって、失意のどん底にいる時は、自分の魅力を語れないでしょう。

今は見えなくなっている時期かもしれませんが、貴女には貴女にしかない魅力が絶対にあります。

やさしさ? 楽しさ? 匂い?(冗談です)、さて、それはなんでしょう?

どんな小さいことでもいいんです。今日は一日かけて、自分の魅力を「一つだけ」でも書き出してみましょう。


ちなみに、僕の魅力は「笑いを提供できること」なんです。

意外でしたか?(^_-)-☆


【今日の一言】
誰にでも、そして、どんな人にも魅力はある。ただ気がついていないだけ。
ただ、プロデュースできていないだけ。



あなたを最高に輝かせるためのセミナーはこちら


結婚を迫らない

結婚生活21年を経験し、結婚生活って本当に辛いこともあるけど、学びも多いので心から面白いと思っています。
自分の経験から、日頃、独身の友人たちには「結婚」をお勧めしていますが、そんな経緯もあり、飲み会に行くと友人の彼女から

「ようちゃん! 彼の背中を押してあげてよ!」って頼まれます(笑


しかも、彼氏(僕の友人)の目の前で.....


その時の彼らは、大抵、斜め45度下を見つめて苦笑いしていますねw


6〜7組、そんな場面に出くわしましたが、その後、結婚したカップルは1組。
まだ、そのまま続いているカップルもいますけど、解消してしまったカップルの方が多いです。

女性のみなさん、付き合いが長くなってきた時や、自分の周りの女性がどんどん結婚していって焦ってしまったりすると、


「あなた次第よ!」
「そろそろ、考えてくれてるの?」
「私たちだけじゃない!」
「○○さんも結婚だってよ!」

とか彼にむかって、“強い口調”で言いがちなんですけど、それは止めた方がいいですね。


なんていったって、男性が結婚を決断する一番のきっかけは、

「相手を守ってあげたくなったとき!」なんですもん。

長く付き合っていて、強い口調で結婚をせまられた時、僕だったら「結婚してからも、いろんな場面で、強い口調で責められちゃうかな.....」って感じちゃいます(^^;)

もう一度、言います。

彼が結婚を決意するのは.....

「彼が貴女を守ってあげたくなったとき!」なんですよ。


貴女のセルフエスティームがマックスに達すると、彼は貴女の事をほおっておけなくなってきます。

それまでは、彼の気持ちをコントロールしようとするのではなくて、自分の自己肯定感(I Love me)を最高にアップさせることに注力したほうがいいですよ(^_-)-☆

# セルフエスティームに関しては、このサイトを見てみてください。ヒントが沢山ありますので(^^)


【今日の一言】
結婚したいなら責めないで、別の方法を考える(^^)


男性の大好きなもの....それは....

女性の心からの笑顔! キッパリ(^^)

僕の「恋愛塾」でお伝えしている“3S”の中で、もっとも重要だと思っているのが、この最後の「S」のスマイル。

個人的にも、辛い時や悲しい時、そして勿論、めちゃくちゃ嬉しい時も僕のハートを癒してくれたり、もっと喜ばせてくれたりするのは、家内の笑顔だったり娘の笑顔だったりします。

「女性の心からの笑顔」

男性は、その為だったら、喜んで貴女のために尽くします。

皆さん、素敵な笑顔でいられるように「I Love me」を高めていってくださいね(^_-)-☆


【今日の一言】
男女問わず「笑顔」それは神様からのプレゼント(^^)



貴女の「I Love me」を高める講座はこちら♪
http://www.venus-create.jp/workshop/renzoku.html
それから、男性心理を学べる「恋愛塾ダイジェスト」はこちら♪
http://www.venus-create.jp/workshop/basic.html


男性の持ち物に注目する

「おっ、この人、また携帯変えたよ〜」

「あれ? また引っ越したの?」

「車、2年ごとに乗り換え??」


こんな男性、近くにいませんか?(^^;)

全ての人にあてはまる訳ではありませんが、なんでもかんでも新しいものに交換(買い変える)する傾向のある男性は、

勿論.....


パートナーも交換する傾向があります( ̄□ ̄;


「あれれれ〜、また新しい彼女なんですね?」みたいな.....(^^;)


単純に車が好きな人は、車も買い替えるのは理解できますし、携帯業界にいる人が新機種を試してみたくなったりするのは分かります。

そういう人は、まぁ、問題なしと考えていいでしょう。


でも、


全てのものを頻繁に買い替える傾向のある男性に共通するのは、完璧主義者。

自分の考えている通りになっていないと満足できないんです。


勿論、女性に対しても要求は厳しくなるわけですから、関係を育てるよりも「交換」することになるわけです(>.<)

逆に、経済的に困っているわけでもないのに、物を大切に使う人は「感謝の気持ち」を根底に持っていいる人が多いので、女性に対しても感謝の気持ちをもって接する人が多いようです。

新しいものに興味を持つ人は、好奇心が旺盛ともいえるので、全てのパターンが「完璧主義者」に当てはまるわけではありませんし、好奇心を持つことは悪いことではありません。

ただ、こうした持ち物などを観察するのも、男性の傾向を知るひとつの手段になります。


僕ですか? もの凄くものを大切にします。保守的で貧乏性なんでww


【今日の一言】
カレのブランドバックに目を奪われないw


まだまだ保守的な傾向の男たち

一つ前の日記と関係しますので、忘れないうちに書いておこうと思います。今日、2本目の日記(笑


僕のように40代以上の世代では、保守的な考えを持つ男性は多いです。

「男性はこうあるべき、女性はこうあるべき!」.....みたいな(笑

皆さんの会社の上司やお友達、大学の先輩などでも、40代以上の男性は保守的(男女関係において)な人が多いんじゃないでしょうか?

個人的には、20代男性では我々の世代に比べて保守的な人は少なくなってきているんじゃないかと思っていました。

でも、先日テレビを見ていて「重要な部分」では根強い部分があることがわかりました。


そのテレビとは、やはり“やってtyr”(笑


この番組の中で、一人のギャルがへんな料理を作ったんですが、その様子を見ていた彼がマジギレ!!

「こんなの常識だろ〜! なにこれ? 人間の食べるもんじゃないわ!」

彼氏の気持ち、よくわかります(^^;)

どんなに美味しいお惣菜を、どんなに安く簡単に購入できるような時代になっても、「手料理」は男性が女性に求める保守的な部分だからです。

昔から「男性の胃をおさえる」と言われますが、仮にこれから草食系男子が結婚するようになっても、この部分だけは大きく変化しないことでしょう。

逆も考えてみるとすんなりと理解できるかもしれません。自分のカレが、硬いビンのふたを軽々と開けてくれると「頼もしいなー」とか思いますよね?

そんな感じです。

たとえ話が簡単すぎるかな?(笑


【今日の一言】
プロレベルでなくてもいい。簡単な料理をサクッと作れる女性でいよう!


無知でいることの恐ろしさ

日曜日に放送されている「噂の東京マガジン」ってご存知ですか?

僕はこの番組の中の“やってtry”と“噂の現場”が大好きなコンテンツなので、タイミングが合えばできるだけ見るようにしています。

特に“やってtry”は、20代のお嬢さんたちがとんでもない料理を、とんでもない発想で作る過程がおかしくて、笑いながらみていました。

http://www.tbs.co.jp/uwasa/try/


もう数年見ていますが、この間、ふと気がついたことがあったんです。

それが、「無知でいることの恐ろしさ」です。

“やってtry”に出てくる女性達、ちゃんと料理の仕方を親や料理教室の先生に教えてもらったら、それなりに作れるはずなんです。

日頃、ちゃんと食事をしてるわけですから(^_^;)


「料理を作る若い女性」という視点で番組を楽しんでいましたが、「あれれ?? これって、人間関係とか仕事とかにも全て当てはまるじゃん!」っていうことに気がついちゃいました。

例えば、ビジネスで上手くいっている人からみると、若き起業家を見た時には「おいおい! そんなことも知らないの?」と感じるだろうし、恋愛の達人が、恋愛初心者の行動を見たときは同じように思うわけです。

もし、自分の人生(仕事や家庭など)で、何か上手くいってないことがあって、それで悩んでいるのであれば、それはただ単純に“そのこと”について知らないだけ。

知っていれば、もしくは、教えてくれる人がいれば、どんなこともそこそこにやれるはず......。


うーん、なにが言いたいかというと、人生、一生涯、謙虚な気持ちで積極的に“学ぶ姿勢”が必要だなと思ったんです。

この日記を読まれている方が、どんな経路でこのサイトに辿り着いたのかはわかりませんが、こうして、男性心理の日記を読んで「男性の心理や行動の傾向」を学んでいくのも、とても意味があることだと思います。

当たり前のことを書いているんですが、考えれば考えるほど深い。

謙虚に何かを学ぶ、“自分が知っていると思っていても、実は知らない事や勘違いしている事があるかもしれない”と認識しているということが大事なのかもしれませんね。

先日、恋愛塾のワンディコースで、男性から好かれる言葉をお伝えしたんです。簡単な言葉なんですが、それを実践された受講生から、「上司に怒られる頻度が減った!」とか「男性の同僚が仕事を手伝ってくれるようになった」とかの報告を受けるようになりました。

男性の僕にとっては当たり前の言葉だったんですけど、受講された女性の皆さんにとっては、知ってはいてもそれだけ男性のハートにばっちりと届く効果的な言葉だとは思っていなかったようです。

面白いですよねー(^^)

何かを知り、そして実行することがとっても大切なんですね〜(^^)

【恋愛塾ダイジェスト】
http://www.venus-create.jp/workshop/basic.html


【今日の一言】
「知ってるよ!」と思う“つもり”が落とし穴...


男性だって不安です

女性の皆さんが、恋愛に関して不安になるように、我々男性も恋愛に関しては不安になることが多々あります。

特に、好きになった女性に「告白」する時は心臓バクバク(笑


「いいお友達でいましょうね」 

「好きな人がいるの.....」

「○○君と、そんなこと考えたこともないから、ショックゥ〜w」


告白の前には、あらゆる断りの文句が頭を駆け巡ったりします。

モテモテ男子だったら、過去の成功例から、あまりこんなことは考えないかもしれませんが、僕のようにダメダメ系だった男性にとっては「告白=恐怖」だったりするわけです。

誰だって自分のことが一番可愛いし、傷つきたくないわけですから告白の前は喉がカラカラで、変な汗をジットリ(^^;)

特に、若い時は、体の傷は早く治るけど心の傷は結構長引いて「恋の失敗は全治3年10か月」みたいな....(笑

逆に、僕の年齢になると、心の傷は“経験”という妙薬があるので比較的早く治癒してしまいますけど、体の傷が治らないのが悩みの種......

あっ、話がそれた(^_^;)

何が言いたいかというと、男性が告白する時っていうのは、本気であればあるほど、相当の勇気をもって告白しているということを理解していただきたいということです。

それから、いわゆる草食系といわれる層ですが、最近の若い世代には「断られて自分が傷つくくらいだったら、別に恋愛(告白)しなくてもいいや〜」と考える層がいるということも、頭に入れておくと今後の恋愛に生かせるかもしれません。

興味があれば、もっともっと詳しいことをセミナーでお話していますので、遊びにきて見てくださいね。
次回は、9/18だったかな?
このサイトのどこかに載ってます(^^)

【今日の一言】
男性の方が傷つきやすい面ももっている。



 1 2 3 4 5  

 
PAGE TOP
(c)VINUS CREATE ALL RIGHTS RESERVED. リンクプライバシーポリシーサイトのご利用についてサイトマップ